XSERVER

「またこいつか」と思われてやっと半人前

関連コンテンツ

「自分自身が商品」という仕事の場合、やはり認知度を上げる事が最重要課題という事になってきます。

芸能人でも新人の売り出しの時は事務所の力でメディアに出まくって最初は「誰やねん」と思われるところからスタートしてそれがやがて「またこいつか」と思われたところでやっと人々に認知され始めたと言えます。

今はマスメディアに出るような人でなくてもインターネット上のSNSや動画メディアを駆使すれば認知を上げる事が可能です。

その際には「いかに見た人の記憶に残るか?」という仕掛けも考えなくてはいけません。
その一つはアイキャッチです。

インパクトのあるGIFアニメで覚えてもらう

TVなどのマスメディアに出る有名人・芸能人以外の一般人の場合、Facebook・Twitter・Instagram・YouTubeといった強いメディアを全て網羅するのは勿論の事、その上にブログやLINE@も駆使しなければならずなかなか面倒ではありますが、それぞれのプラットフォーム毎に利用者層も違えば特性にも差がありますので沢山カバーしてる人の方が有利にはなります。

多少出しゃばりでウザいと思われる位やってちょうど良いという事ですね。
控え目にやっていては何時まで経っても覚えてもらえません。

あと目立ってくると反感を持つ人も出てきて叩かれる事も増えると思いますが、政治家・スポーツ選手・芸能人で叩かれた事がないという人は皆無なので気にしないようにしましょう。厚顔無恥でないとこの荒波の世界では生き残れません。

LINEでいいね!